015_R

四月二十九日晴れ

2015.4.29

世間的にはゴールデンウィークですね、今日は天気も良くて友達のいないバイク乗り達でエキモはワイワイしてました。

エキモは遠方納車の予定があるため5月3,4,5日とお休みさせていただきます、よろしくおねがいいたします。

今日は絶好の撮影日よりだったのでジョインツに持って行ったW650の写真を撮りました。

どこをどうカスタムしたのかを紹介していきたいと思います。

わかりずらいですがフレームを100ミリストレッチしてネックチューブも削り出して4度レイクさせています、それにあわせてメインチューブも角フレームから丸フレームに変更してあります。

ヘッドライトはサイドマウントでブラケットはフォークにステンレスのカバーを制作しそこからマウントをとっています。

メーターも純正は電気式ですがメーターギアを取り付けて機械式メーターに変更してあります。

ガソリンタンクはリタタンクを加工したと思われる人もおりますが一枚のアルミ板から叩きだして制作しております。

ペイントはStupid Crownによるものでサイドアルミ抜き左右に違ったカワサキロゴがはいっております。

シルバーはノートンマンクスのシルバーでセンターに同系色でラインが入ってます。

バッテリーは左サイドにSHORAIバッテリーを搭載、ボックスもアルミでワンオフ制作です。

エキパイはステンレスでワンオフ制作、昔のトライアンフチョッパーをイメージして大きく張り出させています。

シートカウル、サイドカバーもアルミ叩き出しでワンオフ制作しております。

シートはラズルダズルによる本革制作、ボタン留めにして中にフューズボックスをしこんで整備性もしやすくしております。

あとはお得意のソフテイル加工によってリジットラインと乗り心地の良さの両立を実現しております。

カフェレーサー、ドラッグレーサー、チョッパー、オールジャンルまぜこぜの車両の完成です。

制作段階から一部地域ではかっこいいと評判になりプレッシャーなど感じず好き勝手やらせてもらい、完成すればエキモらしくない!

などと言われましたがジョインツではbest domestic awardをもらうことができました。

今後も変幻自在のエキモで行きたいと思いますのでどんなカスタムでもご依頼お待ちしております。